カテゴリ:ネタ( 3 )

ここで問題です。

電車の中吊り広告で見たある問題。

--問題--
5人で「○か×の書かれたカード」5枚を一枚ずつ引きます。
前提として、○か×は少なくとも一枚あります。
自分以外のカードを見て自分のカードを当てなさい。

つまり、自分以外の4人のカードを見ることで自分のカードが○なのか×なのかを当てる問題。

条件としてはこんな物
・人数=カードの枚数
・カードには○か×が書かれている
・○と×が書かれたカードは少なくとも一枚存在する)
・自分以外のカードを見ることは出来る
・答えが分かっているのに黙っている人はいない

--ここまで--

5人の時のもっとも簡単な例として、4人とも×であれば○が少なくとも一枚は○のはずだから、自分のカードが○だと分かるってのがあるわけね?

次に、少しだけ難しくしても(3人が×で一人が○であることが分かるとき)自分が○か×か当てられる訳よ。
(答えは数日後に書きます。)


でもさ、これ気づいたことがあるんだよね。
この問題は、n人でやっても実は
質問者が何度も「自分のカードが分かる人」って聞くようになるだけで、○と×の割合に関わらず、(ex 10:1 , 1000:1000...)
最終的に全員が自分のカードがどちらかをきちんと判断できるよね。と

さて、何故でしょう。

まぁ俺の考えが間違ってなければ。 だけど(ぉ
[PR]
by hukahuka_red | 2007-08-07 03:46 | ネタ

問題。

別なところからパクってきた問題です。古い物だから見たことある人もいるかもね。

;--

或る晩、三人の旅人が一軒のホテルに泊まることになった。
一部屋一泊30ドル。三人は一人10ドルずつ出し合ってボーイに渡し
皆で仲良くその部屋に泊まった。
翌朝、このホテルのオーナーが出勤し帳簿を見てボーイに言った。
「おい、あの部屋は一泊25ドルだぞ。今すぐ5ドルを返してきなさい」
人の良いオーナーと違い、ボーイはそれほど良心的な人間ではなかった。
(三人に5ドル返してもややこしくなるだけだろう)
ボーイはこう考えると2ドルを自分のポケットに入れ、3ドルを持って旅人たちの部屋に向った。
「当方の手違いで宿泊料金を多く受け取っていました」
ボーイは2ドルネコババし、三人にそれぞれ1ドルずつ返した。
旅人たちは何も知らずボーイに礼を言いホテルを後にした。

うまくやったとにやにやしながらポケットの中の2ドルを玩んでいたボーイだったが、しばらくしてふとおかしな事に気がついた。

ちょっと待てよ・・・最初、旅人達は三人で30ドル、一人10ドルずつ払ったよな・・・
俺が3ドル持っていって一人1ドルずつ返したから、10ドル-1ドルで結局一人9ドルを払ったことになる。
3人×9ドルだから、彼らが出した金額は全部で27ドル。
俺のポケットの中には今2ドル入っている・・・
それを足すと29ドル・・・、最初払ったのは30ドル・・・

・・・残りの1ドルは何処へ消えたんだ?

;--

数分マジで分からなかった。さて、どこがおかしいのかな?
[PR]
by hukahuka_red | 2006-08-15 22:27 | ネタ

あの映画に実はすんでる土地がっ

「NANA」という話題の映画の舞台は実は調布だったらしい
そしてジャクソンとかいう喫茶店が出てくるらしい
らしい。というのは作品を見てないからです(死

まぁ、原作は漫画みたいだけど。

調布って何気に作品の関わっていることが多い気がする。(特色もないのになぜだっ


そして、作品が関わっている割に調布市が貧乏なのはなぜだっ
[PR]
by hukahuka_red | 2005-11-09 03:01 | ネタ