ここで問題です。

電車の中吊り広告で見たある問題。

--問題--
5人で「○か×の書かれたカード」5枚を一枚ずつ引きます。
前提として、○か×は少なくとも一枚あります。
自分以外のカードを見て自分のカードを当てなさい。

つまり、自分以外の4人のカードを見ることで自分のカードが○なのか×なのかを当てる問題。

条件としてはこんな物
・人数=カードの枚数
・カードには○か×が書かれている
・○と×が書かれたカードは少なくとも一枚存在する)
・自分以外のカードを見ることは出来る
・答えが分かっているのに黙っている人はいない

--ここまで--

5人の時のもっとも簡単な例として、4人とも×であれば○が少なくとも一枚は○のはずだから、自分のカードが○だと分かるってのがあるわけね?

次に、少しだけ難しくしても(3人が×で一人が○であることが分かるとき)自分が○か×か当てられる訳よ。
(答えは数日後に書きます。)


でもさ、これ気づいたことがあるんだよね。
この問題は、n人でやっても実は
質問者が何度も「自分のカードが分かる人」って聞くようになるだけで、○と×の割合に関わらず、(ex 10:1 , 1000:1000...)
最終的に全員が自分のカードがどちらかをきちんと判断できるよね。と

さて、何故でしょう。

まぁ俺の考えが間違ってなければ。 だけど(ぉ
[PR]
# by hukahuka_red | 2007-08-07 03:46 | ネタ

インターンシップ

TISさんとNRIさんを受けました。

結果としては、TISは合格でNRIは不合格っぽい。
NRIの不合格っぽいというのは、直接担当の人から聞いたわけではないので、一応可能性が残っているって程度だけどね。

共同研究している方が、NRIの人で、その人曰く「不合格」らしいけど。^^;

まぁ、GDが全然だめだったからなぁ。
しょうがないといえば、しょうがない。

GIとGDやったときに思ったのは、あれかな。やっぱ向上心重要かなぁと。

そこを本命にしている人は「高々そこ」なんだよね。
でも、そこを滑り止めにしている人は「少なくともそこ」なんだよね。

人としてのポテンシャルは後者にありそうじゃない?
もちろん、「井の中の蛙」である可能性もあるけど、心持としてはやっぱ後者を選ぶべきだと思う。

ただ、就活という場面においてはやっぱりそこを本命としてくれるほうが人数の把握とかしやすいしいいのかな。
[PR]
# by hukahuka_red | 2007-08-06 09:28 | 就活

復活!

やっとネット回線復活しましたよ。

とはいえ、最近忙しくてほとんど大学にいたからあんま変わらなかったけど。
てか、今月もう終わり=一か月分の無料分ちゃら
なんだよなぁ。微妙に損した気分だ

まぁ、実際には無料キャンペーンなんだから?損をしているわけではないけどね。
[PR]
# by hukahuka_red | 2007-05-30 03:02 | 日記

ネット回線

現状を報告しますと3/17にネット回線の契約をしたんですよ。
それで、「早ければ4月の頭につながります。」って言われたんでそのまま契約を勧めていたんですが。

何の怠慢か大家と連絡をつけるのに一週間。
実地調査をするまでに2週間。
報告が来たのが3週間目。
しかも、留守電に「端末を置けないので今回の契約は無かったことに^^;」

…はぁ?
まじ、舐めているのかと。
まぁ文句を言っていてもしょうがないので回線も別なものを選んで別の回線業者に再度契約を持ち込んでる状態。

あぁ、ネット回線つながってほしい。
[PR]
# by hukahuka_red | 2007-05-09 02:41 | 日記

引越し

いまさらですが。
今年度から別の大学院へ行くために、引越しをした。

やはり住んでいた家というのは愛着のあるもので、中々片づけが進まなかったねぇ
結局引越しのときに手伝ってもらった友人たちにも迷惑かけたしねぇそれで。

まぁ引越しをした日と実際に移動した日は違うんだけど、最後家を出て行くときに玄関でブレーカを落としたんだが、その時のなんとも表現できない感情がいまだに忘れられない。

変わらないものなんて無い。そう言葉では分かっていても二度と戻らない日常というのはやはり切ないものがあるね。

とはいえ、人間てのはすぐ慣れてしまうもので既に新居に慣れてしまったんだがね。

新居広いよ!
若干安いよ!
前よりは新しい建物だよ!
ネット回線無いよ!
床がフローリングで微妙に寒いよ!

まぁ途中から明らかに悪い点だが。

とはいえ、新しい生活にも今のところ満足していますよ。
新年度でお金がめっちゃ飛んでお財布は不平不満の雨嵐ですけど。
[PR]
# by hukahuka_red | 2007-04-14 00:22 | 日記